スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炭酸の基礎知識その5(改訂版)

机上論と実践論の違い。

炭酸を使う時に、濃度にこだわる人が居ます。
しかし、炭酸の濃度なんて目で見てわかるもんじゃありません。

飲んでみて、この炭酸は3.8ガスボリュームだ、、、って言い当てられる人も居ません。
もし、そんな特技があっても役に立つ場所がないからです(爆)

数十万の機械で作った炭酸水と、7万以内で自分の作った炭酸水、、、、、どちらも同じ炭酸水です。

化学の世界では、理論値と実測値が違うことがよくあります。
実際パーマやカラーなんかも、無菌室で温度と湿度管理されてやってる店なんて一軒もありませんからね。

実験の時って一定のデータ出さないといけないから、湿度や温度、あと薬剤の純度なんかも必要になりますし、おおよそサロンとかけ離れた場所で作られたり研究されたりします。

特に科学式なんてのは紙の上だけですので、実際はそのものに影響するものは別のものだったりします。

例えば二酸化炭素の重さ。
紙の上ではこうなります。

標準状態(0℃、1気圧)22.4リットルで44gですから、1リットルでは
44÷22.4=1.96gです。

この場合0℃って、、、、、、自分たちの生活では標準じゃないですよねw
サロン内は20~25℃ありますよね。

こういうのを机上論といい、こういう式で導かれた気体(二酸化炭素)みたいなのを理想気体って言います。

実測するとまた違った数字になって来ます。

そういう中で、炭酸濃度が○○ppmとかいっても、そこの数値に囚われる必要はないと思いますよ。

要は違いを感じられれば良いだけです。

ですので、分子量とか色々言った所で変わるものなんか無いってことですw

美容師がこの科学式を覚えて、チオグリコール酸の分子量は?、、、、みたいな会話をする必要ってあんまりないんですよねw

そういうのは、研究員や科学者に任せるなり、知識を借りるなりすれば良い事です。

逆立ちしたって彼らには知識じゃ敵わないですからね。

だからね、、、、pHなんかも、だいたいこんぐらいでいいと思います。
炭酸の場合溶媒である水道水だって地域によっては若干のpHの違いはありますからね。

机上論はあくまでも目安、、、、、、、
実際はやってみないとなんとも言えないって言う根拠はここにあります。




そんな事より、ここ押して!

にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村

東方炭酸システムへ
T2sys

購入をご検討されている方は最初にこちらをご覧下さい。
http://toho1962.blog47.fc2.com/blog-entry-87.html

初めてこのブログにいらっしゃった方はこちらをご覧になって下さい。

過去ログ1
http://toho1962.blog47.fc2.com/blog-entry-33.html

過去ログ2
http://toho1962.blog47.fc2.com/blog-entry-88.html


炭酸探訪その3
http://toho1962.blog47.fc2.com/blog-entry-133.html
http://toho1962.blog47.fc2.com/blog-entry-135.html
http://toho1962.blog47.fc2.com/blog-entry-136.html

ご注文はこちらへ!
http://t2sys.info/agency.html


本社電話 0265-96-0830
FAX   0265-96-0030




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toho1962

Author:toho1962
長野の田舎美容師です。
10年以上前から炭酸の研究を始め炭酸に関して色々書いています。

炭酸はインフラにすべきをコンセプトに、炭酸機械が高すぎて頭にきたから自分で作っちゃいました。
フェイスブックやってます!

非友達になってくださいね!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
来場者
オンライン
現在の閲覧者数:
押してね!
ご来場の際には押してみて下さい。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
ブログ村ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。