炭酸は危険?????

昨日質問がきたので答えておきます。 

質問内容は
「炭酸よりお湯の方がモノエタノールアミンを流す?」 

モノエタノールアミンは酸性ガス吸着イオンとしても有名ですが、二酸化炭素は酸性ガスなのでモノエタノールアミンにに吸着されて髪に残ると言うのですが、、、、、



モノエタノールアミンは不揮発性のアルカリです。
不揮発とは気化しない性質のことであり、これは物理的な形状ではなくて化学的な特性です。


化学式はC2H7NO 

一方アンンモニアは揮発性の物質で、水と水素結合で吸着して溶けやすいのですが気化しやすい性質のため放置しておくとアンモニアガスが発生して濃度が変わってきてしまいます。

 化学式はNH3



揮発性と不揮発性の違いはガスが発生するかしないかです、実祭は振動を加えたり、熱を加えたり、酸化したりした時にどれだけ逃げ出すかですが。
炭酸も揮発性なんで空気中に二酸化炭素が逃げ出して安定はしません。



最近の薬剤にアンモニアが使われない理由は、薬液が安定しないと言う点です。
だから安定しているモノアタノールアミンの方がキャップを開けたり、振動させたり、保存時の熱変化にも安定しているために多く使われる次第です。


 モノエタノールアミンは炭酸と出会うとイオン化されて水に流れ出やすくなると言われています、炭酸から水素イオンを奪いイオン化します。
炭酸は水素イオンを一つ奪われ炭酸水素イオン(HCO3-)として水中に閉じ込められます。 

でもこれは実際に見たわけではないので、、、、、と言うか目に見えるものではない。 


実際に水と炭酸の比較実験をしました。 
これは2013年の月刊マルセル第4回と第6回に詳しく書かれていますが。
これは実際に測定しました。
イオンクロマトグラフィーという成分を分析する機械と走査型電子顕微鏡を使い実際に測定しました。
1-1.jpg 1-3.jpg1-2.jpg

 机上論ではなく実祭どう変化するかというところを調べましたが、お湯より炭酸の方が確実にモノエタノールアミンを減らすことができるという実験結果が出ました。

これは借りてきたデータではなくて、測定会社に依頼して実際にその場で測定したものですからうちのエビデンスになります。 


一方わけがわからない理屈で、炭酸は危険とか言ってる人いますが、、、、、、
ちゃんとしたエビデンスあんですかね?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toho1962

Author:toho1962
長野の田舎美容師です。
10年以上前から炭酸の研究を始め炭酸に関して色々書いています。

炭酸はインフラにすべきをコンセプトに、炭酸機械が高すぎて頭にきたから自分で作っちゃいました。
フェイスブックやってます!

非友達になってくださいね!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
来場者
オンライン
現在の閲覧者数:
押してね!
ご来場の際には押してみて下さい。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
ブログ村ランキング