炭酸は使い所を見極めるべし

久々のブログ更新です。

T2sysに限らず色々なメーカーで炭酸器具が出ています。
濃度にこだわったり、数値を前面に出したり、、、、、、、、、

でもね、もともと二酸化炭素は水に溶けやすい気体なので、どんな装置でも大抵炭酸になります。
重要なのは温度と圧力。

しかし、炭酸は不安定な液体なので振動を加えたり、温度(湯温)が1度変わっただけでも濃度は変化します。

ですからきつちり竹を割ったような数値は出ません。

それに圧力!
ボイラーの性能によってサロンの水圧は変わります。
水圧の強いサロンもあれば弱いサロンもあります、そこにどれだけ圧力を加えるのか?
これもサロンによって変わります。

常に同じガス圧でいければいいのですが、シャンプー台のタイプや水圧によってその辺の数値も変わることを理解してくださいね。


さて装置や機能に関してですが、正直大差はありません。

問題は、機能面よりノウハウです。

一番肝心なことは、どこでどう使うのか?



その辺りは使う薬液の特性や、技術などを見極める必要があります。

なんでも炭酸使っとけばいい、、、、ってものじゃありません。

その辺りは機械屋ではわかりません。

実際にサロンで使い、炭酸を熟知した人間が必要になります。

うろ覚えや聞きかじりで炭酸を販売するメーカーもありますが、それでは単なる物売りです。


炭酸は特別なものではありません、単なる水と二酸化炭素の化合物です。
ですから最も大切なことは、実績とノウハウです。

T2sysはソーシャルネットワークから生まれたシステムです。

多くの理美容師がサロンで実験したり、営業で培ったノウハウの集積とも言えます。

ですから、T2sys代理店はそんな酸いも甘いも噛み分けた理美容師にお願いしているわけです。

そしてノウハウですが、、、、、、、

そんな大事なことは書けませんw


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toho1962

Author:toho1962
長野の田舎美容師です。
10年以上前から炭酸の研究を始め炭酸に関して色々書いています。

炭酸はインフラにすべきをコンセプトに、炭酸機械が高すぎて頭にきたから自分で作っちゃいました。
フェイスブックやってます!

非友達になってくださいね!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
来場者
オンライン
現在の閲覧者数:
押してね!
ご来場の際には押してみて下さい。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
ブログ村ランキング