炭酸の視覚化とは、、、、、動画あります!

炭酸を見る、二酸化炭素を見るといっても二酸化炭素は無味無臭色もないので空気中には存在しますが、見ることはできません。
でもある環境下において二酸化炭素の塊を見ることができます。

それは水の中。

一旦空気中に放出されちゃうと判別はできないのですが、見えないけどそこにあるのです。

炭酸とは水と二酸化炭素の化合物ですが、完全に二酸化炭素が水に溶けた状態を言います。
二酸化炭素は際限なく溶けるものではなく、水温によって溶ける量は物理的に決まっています。
溶けきれない二酸化炭素は泡となって空気中に放出されます。

あと地上の1気圧より気圧の高いところでは、同じ温度でもさらに溶けますが地上(1気圧)に放出するとやはり二酸化炭素は逃げ出します。

それを動画にしてみました。



炭酸みたいに気体を水に溶け込ませた商品は結構あります。

最近話題の水素水も酸素水も、より過剰に水素や酸素を水に溶け込ませたものです。

しかしながら二酸化炭素も、水素も、酸素も1気圧の地上では物理的な法則には逆らえません。

次にコーラから逃げる二酸化炭素を数値化した実験をしてみます。
これは空気中の二酸化炭素の濃度を測定する機械を使って検証してみました。



どうですか?
二酸化炭素はそこにあるけど見えないですよね、でも確かに存在はしています。
でも地表を覆う大量の空気の前ではすぐに希釈されてしまします。

二酸化炭素の比重は1.5(空気を1とした場合)、空気より重いので比較的水には溶けやすい性質を持っています。

しかしながら過飽和するとお湯が沸騰するみたいに大慌てで水の中から逃げ出しますよね。

これが空気よりもっと軽い水素なら(比重は0.0695)もっと瞬間的に逃げ出したくなりますよね(笑)

比重で言ったら水素は二酸化炭素の24倍のスピードで上空へと旅立ちます。

こういう形で気体を見るといろんなことがわかってきます。

炭酸は私たちには身近なものであり、特に珍しいものではありませんが簡単な装置で作ることができます。
僕が炭酸を使い始めたのも、簡単に作ることができたからです。

効果は大したことありませんが、割といい仕事をしますよ!


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toho1962

Author:toho1962
長野の田舎美容師です。
10年以上前から炭酸の研究を始め炭酸に関して色々書いています。

炭酸はインフラにすべきをコンセプトに、炭酸機械が高すぎて頭にきたから自分で作っちゃいました。
フェイスブックやってます!

非友達になってくださいね!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
来場者
オンライン
現在の閲覧者数:
押してね!
ご来場の際には押してみて下さい。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
ブログ村ランキング