炭酸の微妙な所

炭酸の使い方でハッキリしている所と微妙な部分があります。
特にパーマ、矯正、ヘアカラーに対する使い方なんですけど、、、、、

よく、もっと具体的な使用方法有りませんか?とか聞かれるのですが、これだけ技術が多様化している中で通り一遍な説明をしてもあまり意味が無いと言う事です。

特にマニュアルで対応できるほど単純じゃないものが縮毛矯正です。

先ず、還元剤ですが、、、、、、チオにシスアミ、チオグリセリン、スピエラ、GMT、、、、そこから派生したものとかまー百花繚乱。

あとは膨潤や還元コントロールとか、目的は似たような事でもアプローチの違いは沢山有ります。
山登りの時に、頂上は一緒でも幾つも登山道が存在するように、通る道はその人の好みみたいな事って有るじゃないですか。

道が違えば環境も違うみたいに、自分で道作ったらちゃんと自分で検証してねって言いたくなります(笑)

また検証といっても理美容師に出来る事はそんなに多くないので、感覚的なところに陥り易いのですが、そこにもちゃんとロジックは存在します。

今日ご紹介する人は、そんな道を作っちゃった人なんですが、常に創造的で研究熱心で、多くのファンを抱えている美容師さんです。

名前聞いたら誰でも分りますよね?

私の友人でもあり、尊敬する美容師さんでもあります。

キクリンこと、菊地克彦さんです。


キクリンの最近のブログが面白かったので、勝手にリンクさせて頂きました!

縮毛矯正と炭酸について
http://ameblo.jp/kiknona/entry-11857281017.html


ここでは1剤流しの炭酸中間水洗についてとか、微妙な所にお答え頂いております。
※これはキクリン式なので、これが全てでは有りません。

こういう微妙な研究の積み重ねが大事なのですね。
まー地味な積み重ねなんですけど、一つ一つ自分で納得が行くまで検証して、自分の頭でない所はお借りしながら自分なりの結論を導き出す。

講師と名乗っている人は多く存在しますが、ここまでやっている人はそう多く有りません。
まー、、、、だから人気があるのか、、、、、納得!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toho1962

Author:toho1962
長野の田舎美容師です。
10年以上前から炭酸の研究を始め炭酸に関して色々書いています。

炭酸はインフラにすべきをコンセプトに、炭酸機械が高すぎて頭にきたから自分で作っちゃいました。
フェイスブックやってます!

非友達になってくださいね!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
来場者
オンライン
現在の閲覧者数:
押してね!
ご来場の際には押してみて下さい。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
ブログ村ランキング