スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炭酸の基礎知識その2(改訂版)

炭酸をつくる上で一番重要なのが二酸化炭素ですので、炭酸の話しにはいるまえに二酸化炭素の特性をよく理解しておきましょう。

その1でも書きましたが、比重は酸素より重いって事ですね。

あと毒性も理解しておきましょう。

東京消防庁
http://www.tfd.metro.tokyo.jp/hp-kouhouka/pdf/220714.pdf


二酸化炭素中毒
1%未満・・・呼吸と血液循環に変化が現れる。
5%・・[頭痛]
     [気道が刺激される]
     [胸が苦しい]
     [動悸]
     [血圧上昇]などの症状が出てくる。
20%・・・・・数秒で死に至る。

通常で使うぶんには問題有りません。
直接ミドボンから吸い込む人は居ないと思いますし、チューブをくわえる人もいないと思います、、、、、、、、

よく毒性で騒がれるのが一酸化炭素です、練炭やガスの不完全燃焼で起こるのですが、あれとは違いますが直接吸引は危険です。

ミドボンからチョロチョロ漏れているていどでは大丈夫ですので、過剰に神経質になる必要はありませんが、これもしっかりと理解して取り扱って下さいね。

自分たちの吸っている空気にも、息にも二酸化炭素は含まれます。
酸素を吸って、二酸化炭素を排出している訳ですから、、、、自分の息で中毒になるひとなど居ません、、、、、あくまでも空気中の濃度の問題ですからね。

薬液の取り扱いもそうですが、利点と欠点は同時に知っておくと良いでしょう。


さて、空気より重い二酸化炭素ですが、浸透率も酸素の25倍と言われております。
二酸化炭素の比重は1.54(空気が1)です。
数字から見ても重いですよね。

因に水素の比重は0.06952、だから原子力発電機の建屋の上に貯まり爆発を起こしました、、、、軽いから上に貯まるんですね。

一酸化炭素も空気より軽いです、比重は0.9671。

因に気体の場合は空気の比重を1とカウントされますが、液体の場合は水が基準となります。

水に何かを溶かせば、必然的にとかした水溶液の比重は水より重くなります。
当然二酸化炭素を水に溶かした炭酸水も水より比重は重くなります。

ですから、キンキンに冷やした炭酸水1ℓと水1ℓを比較した場合は、炭酸水の方が重いです。

ですので、浸透力と比重は水より重く、奥まで浸透し易いということです。
炭酸水で洗浄した場合、薬液をかき出す力は単なる湯洗より強いということですね。

ですから中間水洗で余計なパーマ液を除去するのに優れていると言う事ですね。



そんな事より、ここ押して!

にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村

東方炭酸システムへ
T2sys

購入をご検討されている方は最初にこちらをご覧下さい。
http://toho1962.blog47.fc2.com/blog-entry-87.html

初めてこのブログにいらっしゃった方はこちらをご覧になって下さい。

過去ログ1
http://toho1962.blog47.fc2.com/blog-entry-33.html

過去ログ2
http://toho1962.blog47.fc2.com/blog-entry-88.html


炭酸探訪その3
http://toho1962.blog47.fc2.com/blog-entry-133.html
http://toho1962.blog47.fc2.com/blog-entry-135.html
http://toho1962.blog47.fc2.com/blog-entry-136.html

ご注文はこちらへ!
http://t2sys.info/agency.html


本社電話 0265-96-0830
FAX   0265-96-0030




テーマ : 美容関連
ジャンル : ファッション・ブランド

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして
ずうずうしいですが質問させてください
タカラなんかでだしている炭酸泉の機械と弁圧弁なんかでボンベとシャンプーのホースを直結させたものでは違いが明確にあるのでしょうか?
タカラさんでは圧力の違いがあるのでうちのはお湯に完全に溶けるといっていました
直結だと混じらないといっていますがいかがでしょうか?
宜しくおねがいします

Re: No title


その論理は破綻しています。
T2の場合は直結と言うよりも、本体装置内での噴射方式をベンチュリー効果という物理効果を利用しての混合なので、直結とは違いますが加圧しながら噴射しております。

混合比率はお湯のpHで判ります。
気体にはpHは存在しないので、お湯と炭酸の混ざったポイントのpHをみれば一目瞭然なのです。
今日のブログにその辺りを書いておきました。
http://toho1962.blog47.fc2.com/blog-entry-184.html

きっと炭酸を良く知らないひとが説明すると、タカラさんのような説明になるのでしょうね。
高いだけの装置を買っても結果は変わらないと言う事です。






> はじめまして
> ずうずうしいですが質問させてください
> タカラなんかでだしている炭酸泉の機械と弁圧弁なんかでボンベとシャンプーのホースを直結させたものでは違いが明確にあるのでしょうか?
> タカラさんでは圧力の違いがあるのでうちのはお湯に完全に溶けるといっていました
> 直結だと混じらないといっていますがいかがでしょうか?
> 宜しくおねがいします
プロフィール

toho1962

Author:toho1962
長野の田舎美容師です。
10年以上前から炭酸の研究を始め炭酸に関して色々書いています。

炭酸はインフラにすべきをコンセプトに、炭酸機械が高すぎて頭にきたから自分で作っちゃいました。
フェイスブックやってます!

非友達になってくださいね!

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
来場者
オンライン
現在の閲覧者数:
押してね!
ご来場の際には押してみて下さい。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
ブログ村ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。