スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏場はボンベとレギュレーターに注意!

いつも炭酸をご利用いただいてありがとうございます。

炭酸は手軽にできる反面、ボンベの取り扱いには注意が必要です。

まず一番やってはいけないことが、ボンベの転倒です。
ボンベは必ず、固定するかケースに入れて管理をお願いします。

とくに酒屋さんでレンタルしていらっしゃる方、、、、、
ボンベの設置面積が小さく、5キロまだしも、7キロとか10キロボンベはやたら不安定です。

T2の10キロボンベは安定していますが、5キロは転倒しやすいです。

背面正面


転倒すると、レギュレーターの破損につながります。
レギュレーターは精密部品で壊れたパーツだけ変えれば済むような物ではありませんので、ご注意ください。

あと、とくに夏場ですが、、、、

ボンベは内圧が高くなるとベントといい、中の二酸化炭素をボンベ外に噴射して破裂を防ぐ機能があります。
ただし、このベント弁はストップが効きません。
つまり、内部の二酸化炭素を全て外に放出してしまうのです。
めったにないことですが、夏場はとくに注意しなくてはなりません。
ボンベの保管所は高温にならないとことにしてください。
直射日光が当たらず、室内と同じくらいの温度に保つようにお気をつけ下さいね。

そしてレギュレーター!

夏場はガスが膨張するためにボンベの内圧が高くなります。
レギュレーターは一定の圧に減圧する減圧弁なので、ボンベの圧が高くなるほど負担は大きくなります。
そのために夏場のほうが凍りやすいです。

長時間凍らせていると、レギュレーター内にドライアイスができ、レギュレーターの破損の原因になりますので、凍りついたら蒸しタオルなどで温めてください。
長時間出しっぱなしだと凍りやすいです。

炭酸の使用目安は3分以内でお願いいたします。
凍ってダイヤルが回らなくなったり、ガスが出なくなったりしましたら交換しなくはなりませんので、暑い時期はお気をつけ下さいね。

レギュレーターに関しての補足ですが、
毎日、元栓を閉めると同時に、
レギュレーターのダイヤルを、0するのが、一番ベストです。
レギュレーターの耐久が延びます。
せめて、お休み前日くらいは、すべてZERO(閉める)が、良いです。
すべて、ZEROベースですwwww

DSC06248.jpg



スポンサーサイト
プロフィール

toho1962

Author:toho1962
長野の田舎美容師です。
10年以上前から炭酸の研究を始め炭酸に関して色々書いています。

炭酸はインフラにすべきをコンセプトに、炭酸機械が高すぎて頭にきたから自分で作っちゃいました。
フェイスブックやってます!

非友達になってくださいね!

カレンダー
06 | 2015/07 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
来場者
オンライン
現在の閲覧者数:
押してね!
ご来場の際には押してみて下さい。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
ブログ村ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。