スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガスとレギュレーターの話〜レギュレーターは少しづつ壊れていく

炭酸ガスは液化二酸化炭素と言う名前で、ボンベの中にはこの液化二酸化炭素が充填されています。

液化?じゃ液体なの?って思いますよね?
二酸化炭素の液体なんか見たことない、、、、、

二酸化炭素を固体化したものはご存知ドライアイスです。
でもドライアイスって溶けると白い煙になって液化なんかしませんよね?

二酸化炭素は通常の状態では液化しませんが、ある特殊な環境だと液化するのです!

ではその環境とは!
-56.6 ℃、、、、、、恐ろしく冷たい
0.52 MPa、、、、、1気圧0.103MPaなんで5.13気圧
以上で液化します

これをボンベに詰め込むわけですから、ボンベの中身ってとても高圧で、冷たいのです。

ガスを詰め込む作業場ではボンベはキンキンに凍ってますが、触ってもそんなに冷たくないでしょ?
外気が上がるとボンベの中身も気化しようとして膨張しますので、

外気25度ではボンベの内圧は5.625MPa、、、、、55.51気圧
外気30度ではボンベの内圧は6.330MPa、、、、、62.47気圧

とてつもなく高い圧力なんです。
だから夏場で外気が上がるとさらにボンベの中の圧力は高くなります。
さらに温度が上がりますとボンベは破裂してしまします、、、、、、、、、、

でもボンベには保護装置が付いているんです!

ボンベが圧力に耐えきれなくなる前に、中のガスを全部放出してしまう機能です、、、、、
それをベントと言います。

ただ一旦このベントが起こってしまうと、ボンベの中がカラになるまで止めることはできません。

万が一にもベントを起こしてしまった場合は、、、、、、
絶対にボンベには近づかないでください。
部屋の窓を全部開けて換気してください。


この2点は忘れずに注意をお願いします。
実際にベントを起こした例がありますので、十分注意してください。

さて、そんな高圧のボンベの出口で、実際に使用出来るガス圧に調整していてくれるのが減圧弁(レギュレーター)です!

DSC06248.jpg



減圧弁は常にこの恐ろしい圧力と対峙しているわけです。
ですから夏場は減圧弁に対する負荷が大きくなります。

減圧弁は徐々に壊れていきます。
何年も持つような代物ではありません、、、、、、
これが超高圧に耐えている機械の宿命なのです。

つまり消耗品という扱いです。
ですから弁圧弁(レギュレーター)には保証はつけられないのです。
買ったその日から緩やかに壊れていくものですから、、、、、、

その寿命は使用する環境や使用頻度によって異なります。
レギュレーターに不安がありましたら即交換してください。

それが安全に炭酸を使うだ第一歩だからです。

スポンサーサイト

いくら売れないからって、何書いてもいいとは限らない。

今日T2ユーザー様から、福島オーツーさんがT2叩きしてるようなメッセをいただきました。

添付写真はこれ
13839876_1011116095669431_556763123_o.jpg
13840559_1011116005669440_935132230_o.jpg
13839680_1011116055669435_1591531050_o.jpg

ちょ、、、、1枚目の他社って、これT2sysじゃん、、、、、
ぼかし入れてもすぐわかる(爆)

そして詳しくはこちら、、、、、、、ってでっかく福島オーツーって書いてあるじゃん(汗)

これは信義に反するから即担当者に電話しました。

この広告、福島さんが出したって思われてもしょうがないよね?
これ意図的?

それと1枚目の写真の他社って、、、、、これどう見てもT2じゃん?
13839876_1011116095669431_556763123_o.jpg

ぼかしてあるって、うちのホームページから引っ張ってあるし、、、、
t2kit2.jpg

福島さんの担当者は大慌て
うちがそんなことするわけないじゃないですか!

そうだよね、福島さんは信義に熱い会社だからそんなことするわけないよね?

じゃどこがこんなインチキ比較出してるの?
写真はT2だけど、データは他所のデータだよね?
検証もしないでこんなインチキ書いてるのは許せないよね?

担当者は、この販売元に即電話しました。
あとで顛末を聞かせてくれるみたいです。

頭にきたので、T2&T2nexのガス消費量を動画にしました。



T2sysもT2nexもメインエンジンはT2sysなので燃費は一緒です。
スタートが14514g、、、、約14キロですが、ボンベの重さが10キロぐらいあるので実質4.5キロぐらいです。

これは5キロガスボンベ

で、5分後は144447g

5分の消費量は67gです。

5000÷67=74.6

つまり5分使用で74人使えるので、100人でボンベ3本ではありません、、、、、
どこのデータ持ってみたんだか、、、、、、

そうこうしてる間に、フクシマオーツーの担当者と連絡がつきました。

誰がこれ出してるの?
ここのメーカーが直に出してるみたいです?

気を使って炭酸ガスは福島って書いてくれたみたいですけど、、、、、

いや、これ誰がどう見ても福島さんが出してる感じでしょ?

福島の担当者も困り果てて、どうけじめつけましょうか?って泣きが入っているので、
出たものは仕方ないけど、なんでこんなことしたのか先方に聞いた?

そしたら、この機械全く売れないので、一番売れているタイプと比較しました、、、、、、
みたいなこと言ってたそうです。

まー確かに売れなさそうだけど、だからって何書いてもいいって言うもんじゃないでしょ?

全く困りもんですが、一番売れてるものをターゲットにした、、、、でちょっと嬉しかったかもw

だからって信ぴょう性のないデータ出すのはいかにも大手らしくて嫌い。

でもT2ってそんなに設備っぽいですか?
13707646_1198946680157786_5101758469690656495_n.jpg



イタリアから特許証届きました。

EPSON001.jpg

何書いてあるかわからないけど特許証です(笑)
特許を取る際に法律事務所からPCTと言うシステムで、国内及び国際特許が取れると教えてもらい、全く何もわからないままお願いしました。
まさか、、、、、こんなに時間がかかるなんて(汗)

特許証を見てみると申請が2013年になっていますが、実際に特許事務所を訪れたのが2012年でしたので、特許証という形になるまで3年以上費やしたことになります。

思えば、ソーシャルネットワークで思いつきで作って特許もないくせに、、、、、、、
なんて言われて頭にきて取得したようなもんです。

確かに最初は思いつきでした、、、、、、、

でもね、思いつきを形にしてプロダクトにして、特許とって国際特許までとって商標とって、、、、、、、
これは簡単にはできませんよ?

思いつきは誰でもできます、、、、これは反論しようがありません。

でも形にするのは難しいです。
まー今となっては、あんとき誰が言ったのかも忘れましたけど(笑)

これからも大切に育てたいと思います。
まだまだスタートラインです。

こちらがイタリアの商標です。
EPSON002.jpg

相変わらず、何書いてあるかさっぱりわかりませんが(笑)



フットスイッチリニューアル、ボンベスカートも限定発売

今まで販売してきたフットスイッチが7月よりリニューアルされます。

今度のフットスイッチは黒の焼付け塗装!
細部まで細かく見直しました。

フット4

底にはゴムで滑り止めを付けました。
金属による床の傷みも軽減され、更に使いやすくなりました!

背面

他では買うことはできません!

金額は税込みで¥16,200

お求めは代理店もしくは本社まで。
http://t2sys-lotus.jp/dairi.html


そしてもう一つ、福島ボンベの5キロ限定なんですが、ボンベ転倒防止器具、ボンベスカートも作成いたしました。

最近地震とか、ボンベ転倒事故でレギュレーターの破損が多くなってきました。
レギュレーターは精密部品で衝撃には弱く、デリケートなパーツです。

ボンベ転倒は思わぬ事故につながりやすいですので固定させることが重要です。
そこでビジュアルも考えて、木工職人に依頼して作成いたしました。

ボンベスカート4

木の風合いを活かすために色は4色!
DSC06504.jpg

これなら転倒の心配もありません。

こちらは職人が手作りで作成するために注文生産となります。

金額は税込みで¥21,600(送料別)

こちらは本社直送品ですので、お問い合わせは下記のフォームまで

http://t2sys-lotus.jp/info.html


※酒屋の5キロボンベには対応していません。

安曇野ハーフマラソンに炭酸足湯を出店しました。

AZ01.jpg

今年で2回目になる安曇野ハーフマラソンに炭酸足湯を出店しました。
昨年も出店したので、今回で2回目の出店になります。

AZ02.jpg

理美容室でご存知のT2sysを使いプールのお湯を循環させて炭酸泉を作り出します。

毎回野外で苦労するのが、お湯と電源の確保です、、、、

13418927_1170425826343205_9215723096215370924_n.jpg


今回も30メートル離れた水道から水を引いて、ガスコンロを持ち込んでお湯を作り30度付近になるまで繰り返します。
結局1時間ぐらいかかって目標の温度に到達できました。

本来は38度ぐらいが理想なんですが、この方法では時間がかかりすぎてしまいます。
天気は快晴で汗ばむ陽気だったので、この温度でも逆に気持ちいいくらいでした。

AZ03.jpg

炭酸は水中ポンプを2台連結してプールのお湯を吸い上げ、T2sysに送り込みます。
電源確保は発電機を持ち込みました。
900Wまで出力できる発電機が4万弱であったので、それを購入して水中ポンプの電源にしました。

もう1台、安いお風呂ポンプも用意したのですが、水圧を確保できずあんまり使えませんでした、、、、、

T2の先は家庭用のシャワーホースとシャワーだけです。
AZ04.jpg

この簡単なシステムで、このプールを炭酸化させるわけです。

目標値はpH5。

も少し水圧を確保できればpH4.5付近まで落とせるのですが、今回はこの辺りに設定しました。
お湯を循環させること1時間。

やっと水温もpHも目標値まで到達しました。
AZ05.jpg

あとはpHの維持と、湯温の維持だけです。
朝の6時ぐらいから回しっぱなしで9時間ぐらい炭酸を出していましたが、5キロボンベ半分も使いませんでした。
新型T2はガス使用量もリーズナブルですw

今年は炭酸足湯1回100円に設定しました。
昨年は無料だったのですが、無料だと子供ばっかり集まってしまい、肝心のランナーが入れないからです。

去年より利用する人数は少なくなりましたが、その代わり疲労したランナーがゆっくり浸かることができ、結果オーライです!

AZ06.jpg

短時間で、この湯温でもしっかり炭酸泉の効果はでます!
AZ07.jpg

多くのランナーに喜んでいただくことができました。

まー半分ボランティアで、出店自体が赤字なんですが、、、、、、
一般の人にも炭酸泉の効果を伝えることができますので、来年も参加しようと思います。

次は9月の駒ヶ根ハーフマラソンですね!

プロフィール

toho1962

Author:toho1962
長野の田舎美容師です。
炭酸に関してはかなり前から研究実践していたのですが、当時は誰も興味をもちませんでした(笑)

時代がやっと追いついたかんじですねw
つーか、、、、ブームはやだなー

カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
来場者
オンライン
現在の閲覧者数:
押してね!
ご来場の際には押してみて下さい。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
ブログ村ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。