チューブ埋設のススメ

炭酸器具を導入する際に一番悩むのがボンベの置き場。

ここも意見が分かれるところなんですが、わざとボンベを見せて炭酸感を醸し出したい派と、徹底的にボンベの形跡を消してシャンプー台周りをスッキリオシャレに演出したい派といます。

この辺りはサロンコンセプトなんで、なんともいえません。

ボンベ見せたい派の設置は簡単です。
シャンプー台の隣にボンベ置いておけば良いだけですから、、、、、、
しかし、このタイプのサロンは注意が必要です。

ボンベは色々あり、酒屋さんでも、知り合いのガス屋さんでも、T2sysの推奨ガス会社でも中身は一緒ですが、ボンベサイズが色々あり中には安定感の悪い(ボンベの形状)ボンベもあります。

特に安定感の悪いボンベ(設置面積の少ない)は常に転倒リスクがあることを覚えて置いてください。
実際に転倒させてレギュレーターを破損させる事故が月に1回は報告あります。

レギュレーターを破損させると保証は効きません。
レギュレーター自体、消耗品という位置付けなので製造会社でも保証は一切つけないからです。

ですからボンベ見せたい派はなんらかの転倒防止策をご自身でとっていただく必要があります。

ボンベ転倒は大体チューブを足にひっけて転倒に至るケースが殆どです。

ですから見た目を良くして転倒を避けるには、ボンベを隔離するのが一番です。

ボンベを隔離するのに一番厄介なのが6ミリチューブで、これをどうにかせねばなりません。

また6ミリチューブも消耗品ですので、何年かに一度は取り替えが必要です!

ですから、ボンベ隔離の場合チューブの配管をどうするのかが決め手になります。


一番スマートなのは床下にチューブを通すこと。

床下にチューブを埋設するのは一番スマートですが、一つ問題があります。
それは、後から床に穴を開けるのは結構厄介な点です。

後穴を開けて管を通すのは個人レベルだと難しいので工務店にお願いしなければならないことです。
そのあたりの詳細は工務店と相談してください。

新築サロンで床をいじる予定があれば、予め工務店との簡単な打ち合わせですみます。

具体的にはCD管という電線を配管するパイプがあるのですが、それをボンベの所とシャンプー台の間に入れてもらうがけです。

これがボンベ側のCD管です。
IMG_7433.jpg 

CD管ってあまり聞きなれないかもしれませんが、工務店に話すとすぐわかります。
この写真のCD管は16ミリというサイズで、6ミリチューブをこの管に通してシャンプー台まで運ぶためのものです。

ちなみにシャンプー台がわはこうなります。
IMG_7436.jpg 
お湯と水の配管の真ん中あたりに顔を出しているのがCD管です。

このCD管が床下に通っているので、ボンベの存在を隠しちゃうことができるのです。

新築店舗ならボンベを収納する場所を作っちゃえばスマートです。
IMG_7454.jpg 
こんな感じで作り付けにしてしまえば一切ボンベの存在は見えません。

そうするとシャンプー台周りはスムーズでおしゃれに仕上がります。
IMG_7443.jpg 

床下を通してバックルームにボンベを置いているサロンもありますので、設置は自由にできます。

サロン様のご相談にも乗りますので、ぜひ床下埋設もご検討くださいね。

IMG_7449.jpg 

水回りは一番汚れが目立つところなので、常に清潔に綺麗に保ちたいですよね!







早いものでマルセルから4年

マルセルに炭酸物語を連載してからもう4年も経つのですね。
704701_475165742535887_1110858224_o.jpg 

炭酸ブームは落ち着いて何やら色々出てきましたが、僕の理想は当初から一貫しており炭酸はインフラ。

ブームになるようなものではなくて、あって当たり前。
ないとちょっと困る的なものでいいと思います。

インフラにするためにはコストも抑えて、、、、、、、
だからT2sysは基本キットというようにセルフビルディングを前提に作りました。

取り付けは簡単な作業だし、風呂場のシャワーホースだって自分で取り替えれるでしょ?
あれと同じ作業工程で取り付けができる!

ここがスタートでした。
取り付けを依頼すれば工賃や人件費もかかります。
自分でできることは自分でしましょう。

セルフビルドすることにより仕組みもわかるし、修理もできる。

今も昔もコンセプトは一緒です。

取り付けイメージをビデオにしたり。


ガス漏れや水漏れに関するテキストもあげました。


プラモデル作るより簡単に組み込め、メンテも自分でしましょうって言うコンセプトです。

もともと無いものは自分で作っちゃえ!って言うのがスタートでしたので、工作から発展したわけです。

時間が経つのは早く、僕がmixiで炭酸提案してから10年以上経つわけですが、じわじわと浸透していっている感じですね、、、、炭酸だけに。

改めて当時のマルセル読み返すと、基本はぶれていません。
時代とともに若干変わった表現もありますが、まだまだ進化させるつもりでいます。

元来僕は美容師なので理美容師目線でこれからも提案し続けたいと思います。
時間あったらマルセルも一度読み返してみてください。

当時読めなかった人は連絡いただければお見せしますよ!




シャンプー台は多種多様、、、、メーカーによってこんなに違う

続きを読む

美容師が副業!(水漏れ注意!)

元々は美容師だったんですが、、、、、、今も土日はサロンに立っています。

ひょんなことから炭酸に携わり、いつしか炭酸器具企画開発販売がメインになってしまいました。
今年55歳なんで田舎のぱっとしないオヤジ美容師にはちょうどいいかなって思います。

まーそんなぱっとしないオヤジ美容師にもどうしても俺じゃなきゃダメだって言う奇特なお客様が付いている訳で、土日限定でサロンワークをして居るわけです。

ソーシャルネットワーク(mixi)が全盛だった頃、炭酸の有効性を一人で発信していたわけですが、次第に支持してくれる人が集まり、コミュニティ開設、商品開発となったわけです。

開発した炭酸器具は後付け器具でシャワーホースの根元でガスを混合するシステムをです。

ベンチュリー効果という物理効果を利用してガスと水を混ぜるわけですが、これは特許もとりましたよ。

まーそんなこんなで現在に至りますが、T2sysは後付けの器具なので、取り付け時や運用に当たってはちょいちょいチェックして欲しいところがあるんです!

それは、、、、、、、


水漏れとガス漏れ!

まー、ガスと水使うわけですから当然、メンテも必要になってきます。
メンテといってもシャワーホースやシャワーヘッド程度のメンテでいいのですが、、、、、、

シャワーホースやシャワーヘッドだって長年使っていればガタがきて、穴開いたりパッキン緩んで水が滴り落ちたりしますでしょ?

それと同程度のメンテだけは自己責任で当然していただく必要があるのです。

幸いに、T2sysの取り付け箇所はシャワーホースの根元なので、シャワーのコックをひねらない限りは漏れません。

でも使用中にボタボタ水が落ちたら要注意!

水漏れとガス漏れのテキスト作りましたので、T2sys導入店は必ず一読してくださいね。

場所はホームページのこの場所からリンクされていますホームページ


必ず読んでくださいね!




炭酸は危険?????

昨日質問がきたので答えておきます。 

質問内容は
「炭酸よりお湯の方がモノエタノールアミンを流す?」 

モノエタノールアミンは酸性ガス吸着イオンとしても有名ですが、二酸化炭素は酸性ガスなのでモノエタノールアミンにに吸着されて髪に残ると言うのですが、、、、、



モノエタノールアミンは不揮発性のアルカリです。
不揮発とは気化しない性質のことであり、これは物理的な形状ではなくて化学的な特性です。


化学式はC2H7NO 

一方アンンモニアは揮発性の物質で、水と水素結合で吸着して溶けやすいのですが気化しやすい性質のため放置しておくとアンモニアガスが発生して濃度が変わってきてしまいます。

 化学式はNH3



揮発性と不揮発性の違いはガスが発生するかしないかです、実祭は振動を加えたり、熱を加えたり、酸化したりした時にどれだけ逃げ出すかですが。
炭酸も揮発性なんで空気中に二酸化炭素が逃げ出して安定はしません。



最近の薬剤にアンモニアが使われない理由は、薬液が安定しないと言う点です。
だから安定しているモノアタノールアミンの方がキャップを開けたり、振動させたり、保存時の熱変化にも安定しているために多く使われる次第です。


 モノエタノールアミンは炭酸と出会うとイオン化されて水に流れ出やすくなると言われています、炭酸から水素イオンを奪いイオン化します。
炭酸は水素イオンを一つ奪われ炭酸水素イオン(HCO3-)として水中に閉じ込められます。 

でもこれは実際に見たわけではないので、、、、、と言うか目に見えるものではない。 


実際に水と炭酸の比較実験をしました。 
これは2013年の月刊マルセル第4回と第6回に詳しく書かれていますが。
これは実際に測定しました。
イオンクロマトグラフィーという成分を分析する機械と走査型電子顕微鏡を使い実際に測定しました。
1-1.jpg 1-3.jpg1-2.jpg

 机上論ではなく実祭どう変化するかというところを調べましたが、お湯より炭酸の方が確実にモノエタノールアミンを減らすことができるという実験結果が出ました。

これは借りてきたデータではなくて、測定会社に依頼して実際にその場で測定したものですからうちのエビデンスになります。 


一方わけがわからない理屈で、炭酸は危険とか言ってる人いますが、、、、、、
ちゃんとしたエビデンスあんですかね?
プロフィール

toho1962

Author:toho1962
長野の田舎美容師です。
10年以上前から炭酸の研究を始め炭酸に関して色々書いています。

炭酸はインフラにすべきをコンセプトに、炭酸機械が高すぎて頭にきたから自分で作っちゃいました。
フェイスブックやってます!

非友達になってくださいね!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
来場者
オンライン
現在の閲覧者数:
押してね!
ご来場の際には押してみて下さい。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
ブログ村ランキング