5.0GVとは、、、、、、コーラの真実!

コンビニでコーラあんまり買いません。
なぜならうちには自動販売機があるからです!

でも久々に飲んでみたいコーラが登場しましたね、、、、、ペプシストロング5.0GV
15230702_1312627298789723_7187713512009716465_n.jpg

これは、、、、、いよいよGV(ガスボリューム)出してきたかー、、、、、

このブログの読者なら聞いたことあるかもしれない、、、GV(ガスボリューム)

おさらいをすると
1GV(ガスボリューム)とは1リットルの水に1リットルの二酸化炭素が溶けている状態。
通常のコーラは3.8GVぐらいと言われているので、5GVは相当なもんだ!

つまり、このコーラにはコーラの原液1リットルに対して5リットルの二酸化炭素を充填してことになる。
これは最強の炭酸飲料シャンパンにも匹敵するぐらいの炭酸濃度になる。

1リットルの二酸化炭素は1.96グラムなので、なんとこのコーラには1リットル当たり9.8グラム二酸化炭素が溶けていることになる。

単純に濃度計算すると0.98%、、、、、9800ppmだー!

これはさぞかし強烈だろう、、、、、、、
期待に胸が膨らみ飲んでみると、、、、、、、、

ん、微妙!

さらにコップに入れて飲んでみる
15220100_1312627898789663_3272908092313933771_n.jpg

すると、まーなんてことでしょう!

普通のペプシに成り下がっているではないか!

でも、これが1気圧しばりなんです。

ボトルの中でどんなに高濃度でも、1気圧に出すと1気圧の飽和量まで一気に減る。
だからコップにあけちゃうと最初に一気に泡が出ますでしょ?

あの泡は二酸化炭素なんです。
空気中へと二酸化炭素が一気に逃げ出す様は別に実験設備がなくても毎回目視できます。

仮にペプシの温度が5度だとしたら、1気圧での5℃の炭酸飽和係数は1.424GVですので、2400ppm付近まで一気に気化することになります。

これが1気圧縛りなのです。

つまりコップに移してちょっと経つと普通のペプシと変わらなくなります。

どんなに高濃度を謳っても1気圧の地上の物理的な法則には勝てないということですね、、、、、、






ゼロベースメイクジェル、、、パッケージだけリニューアル。

この度ゼロベースメイクジェルのパッケージ変更を行いました。
価格、内容成分、容量、効能はそのままです。

外見だけちょっとシンプルになりました。
DSC06775 (1)



ゼロベースメイクジェルは高濃度炭酸ジェルです。
なぜジェルにこだわったには理由があります。

私たちは1気圧の圧力の中で生活しています。
1気圧とは空気が海面を押す力で、空気にも質量があるので、当然私たちも常に空気の重さに押されて生活しています。
この1気圧の世界ではいろんな物理的な法則があり、水に溶ける二酸化炭素量も決まっています。
そして1気圧の世界では、温度によって飽和量(二酸化炭素が水に溶け込む量)が決まっているのです。
コーラのペットボトルあるでしょ?
あのボトルの中はマックスで6気圧、、、、地上の6倍の圧力まで耐えられる設計になっています。
ですから炭酸飲料はボトル内で圧縮されていると考えて結構です。
でも蓋を開けると圧縮から解放されるわけですから、1気圧の濃度に戻ろうとして余計な二酸化炭素を排出します。
それが炭酸の泡です。
液体は簡単に元々の飽和量に戻ろうとします、だから少しでも抗って高濃度を保たせるために粘度をつけました。
それがジェルです。
ですからゼロジェルは、サラサラの水より高濃度を保たせることができます。
仕組みとは案外単純なものですが、効果は絶大です。





宝物はHistory、仲間と歩んだ道のりです。

T2sysもだんだんメジャーになってきました(マイナーの上かも)。
昨今問い合わせも増えて、ご紹介も多くなり大変ありがたいことです。

炭酸は水と二酸化炭素の化合物、簡単に作れます。
だから手間のかかる装置など必要ないとか、サロンで実証されないと意味がない、、、、とか

サロンサイドから構築されたシステムですとか色々言ってきましたが、
一番大事にしてきたことは炭酸システムが生まれる切っ掛けからどういう経緯で成り立ってきたのか?

T2sysはどういうシステムなのか?

ここの部分です。

初めて触れる方もいらっしゃいますし、最近知ったというかたもいらっしゃいます。

だから、もういちど一番見てもらいたい、
一番知ってもらいたいことを書きます。

かこの経緯をしっていただき、誰がどんな想いで進めてきたのかを知っていただくことが
T2sysを語る上で一番大切にしていた部分だからです。


T2sys history

T2sys誕生秘話①
T2sys誕生秘話②
T2sys誕生秘話③
T2sys誕生秘話④
T2sys誕生秘話⑤
T2sys誕生秘話⑥
T2sys誕生秘話⑦
T2sys誕生秘話⑧
T2sys誕生秘話⑨
T2sys誕生秘話⑩


僕も代理店のみなさんも理美容師です。
実際にサロンに立ち、サロンサイドからの提案を続けてまいりました。

まだまだインフラには遠いですが、是非ご一読いただいて共感いただければ幸いです。

レジェンド

ライトと言うドライヤーメーカーの社長はマッキーさんという日本人です。
彼のベース拠点は香港で、以前彼からの誘いで香港に出向きプレゼンをしたことがありますが、、、、
香港に行った時の話
http://toho1962.blog47.fc2.com/blog-entry-322.html

そんな彼から、久々のメッセが来ました。
LAで炭酸に興味がある人がいるから一度会って話せないか?

久々にマッキーさんにも会いたかったので、東京で落ち合うことにしました。
が、、、、、1度目は高速の事故で渋滞がひどくて会えずじまい、、、、

2度目は、山梨に来る機会があるみたいなので甲府で落ち合うことにしました。

なんでも相当なビッグネームの方で、こういう話は電話じゃなくて直接会って話したほうがいい。
それは同感でしたので、久々にマッキーさんにも会いたかったし山梨まで出かけました。

そのビッグネームとは、、、、サッスーンの愛弟子の喜田修二先生!

いきなりどえらい方とお会いすることになりました。

場所は原宿で、喜田先生も来日されているみたいなのでやたらな場所にはお連れできません。

そこで、ピーカーブーさんの阿部専務にお願いをしてピーカーブーさんで見学していただくことにしました。

炭酸は語るものではないし、100の言葉より1回見ていただければすべてわかるだろう、、、、
まさに百聞は一見に如かずというやつです。

またサッスーンの同門ということで、阿部専務の粋な計らいで川島先生のいらっしゃる青山店での見学が実現しました!

表参道の交差点で喜田先生と初めてお会いしましたが、私のようなどこの馬の骨かわからないような者にも気さくに対応していただき、、、、

なぜかこの業界のBIGな方々とお会いする機会があるのですが、みなさん総じてフレンドリーです!

そして青山店に案内されるといきなりレジェンド対談が始まったのです!
14720506_1276308255754961_8644356555113235519_n.jpg

川島先生と喜田先生、、、、そして目が泳いでるのがライトドライヤーのマッキー社長と私です(笑)

ピーカーブーさんとのご縁も不思議なご縁でした。
たまたましんびよう出版で友人のきくりんの特集があり、その折に炭酸使いたいからってことでしんびよう出版のスタジオにT2を取り付けに行った時です。
隣のスタジオで撮影していたのが、ピーカーブーのアートディレクターの伊東さんで、伊東さんがウイッグを持ってきて、これ炭酸で洗わせて、、、、っていうのがきっかけです。

それがご縁でアートディレクター会議に呼ばれ、阿部専務と知り合い、なぜか可愛がっていただき本日に至ります。
ピーカーブーさんは徹底した現場主義で、あの川島先生もメインは現場といった現場主義です。

その姿勢が日本で地位を不動にしてるんだなーって常々思います。
14657456_1277088409010279_24597292315708484_n.jpg

ですからうちみたいな吹けば飛ぶような会社も現場で評価されればお声がけしてくださるのです!

本当、不思議なご縁ですね。

そして喜田先生。

私のような者の話でも熱心に聞いてくださいます。
14729318_10153937891911863_5142949230643016303_n.jpg

川島先生もとても気さくにフレンドリーに接してくださいます。
まー我々はカチカチですが(笑)

お二人の会話は、ロンドンからLAにわたり伝説的な当時のスタッフさんやビダルとの話まで、、、、、
我々にとっては夢物語です。
それを横で聞けたのですからとてつもないLIVEでした。

そしてマッキーさんもちゃっかりドライヤー渡していました(笑)
些細なことかもしれませんが、大事なんですよね、、、、、こういうこと。

どこでどうご縁がつながるか、神のみぞ知るです。


我々にできることは常に準備を怠らない、、、、だけです。

また一つご縁ができました、、、、、
真摯に受け止め精一杯の対応をする、、、、、これが出会いの基本かもしれませんね!




ガスとレギュレーターの話〜レギュレーターは少しづつ壊れていく

炭酸ガスは液化二酸化炭素と言う名前で、ボンベの中にはこの液化二酸化炭素が充填されています。

液化?じゃ液体なの?って思いますよね?
二酸化炭素の液体なんか見たことない、、、、、

二酸化炭素を固体化したものはご存知ドライアイスです。
でもドライアイスって溶けると白い煙になって液化なんかしませんよね?

二酸化炭素は通常の状態では液化しませんが、ある特殊な環境だと液化するのです!

ではその環境とは!
-56.6 ℃、、、、、、恐ろしく冷たい
0.52 MPa、、、、、1気圧0.103MPaなんで5.13気圧
以上で液化します

これをボンベに詰め込むわけですから、ボンベの中身ってとても高圧で、冷たいのです。

ガスを詰め込む作業場ではボンベはキンキンに凍ってますが、触ってもそんなに冷たくないでしょ?
外気が上がるとボンベの中身も気化しようとして膨張しますので、

外気25度ではボンベの内圧は5.625MPa、、、、、55.51気圧
外気30度ではボンベの内圧は6.330MPa、、、、、62.47気圧

とてつもなく高い圧力なんです。
だから夏場で外気が上がるとさらにボンベの中の圧力は高くなります。
さらに温度が上がりますとボンベは破裂してしまします、、、、、、、、、、

でもボンベには保護装置が付いているんです!

ボンベが圧力に耐えきれなくなる前に、中のガスを全部放出してしまう機能です、、、、、
それをベントと言います。

ただ一旦このベントが起こってしまうと、ボンベの中がカラになるまで止めることはできません。

万が一にもベントを起こしてしまった場合は、、、、、、
絶対にボンベには近づかないでください。
部屋の窓を全部開けて換気してください。


この2点は忘れずに注意をお願いします。
実際にベントを起こした例がありますので、十分注意してください。

さて、そんな高圧のボンベの出口で、実際に使用出来るガス圧に調整していてくれるのが減圧弁(レギュレーター)です!

DSC06248.jpg



減圧弁は常にこの恐ろしい圧力と対峙しているわけです。
ですから夏場は減圧弁に対する負荷が大きくなります。

減圧弁は徐々に壊れていきます。
何年も持つような代物ではありません、、、、、、
これが超高圧に耐えている機械の宿命なのです。

つまり消耗品という扱いです。
ですから弁圧弁(レギュレーター)には保証はつけられないのです。
買ったその日から緩やかに壊れていくものですから、、、、、、

その寿命は使用する環境や使用頻度によって異なります。
レギュレーターに不安がありましたら即交換してください。

それが安全に炭酸を使うだ第一歩だからです。

プロフィール

toho1962

Author:toho1962
長野の田舎美容師です。
炭酸に関してはかなり前から研究実践していたのですが、当時は誰も興味をもちませんでした(笑)

時代がやっと追いついたかんじですねw
つーか、、、、ブームはやだなー

カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
来場者
オンライン
現在の閲覧者数:
押してね!
ご来場の際には押してみて下さい。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
ブログ村ランキング